シルクウールレギンス / NISHIGUCHI KUTSUSHITA

『はくひとおもい』をコンセプトに、1950年から靴下を作り続けているファクトリーブランド『NISHIGUCHI KUTSUSHITA』。


現在は3代目のソックスディレクター西口功人さんを中心に、すべて自社工場で生産している製品は、日本国内はもちろん、海外にも広がっています。



この時期にとくにおすすめしたいのがシルクウールのレギンスです。


日差しは春のようだけれど、気温はまだまだ低い時期、すこし春らしいものを着たいけど寒い。


そんな時に内側がシルクで外側がウールのレギンスは、とてもあたたかで重宝します。


肌にあたる部分はシルクなのでチクチク感がなく、履いた瞬間からウールのあたたかさも感じることができます。


まちのある立体的なつくりなので、おしりがすっぽりとおさまる安心の履き心地です。


真冬はもちろんですが、春先にもぜひお試しください。


お色は黒とチャコール、履き口がゆったりめの10分丈です。




内側がシルク、外側がコットンのシルクコットンレギンスもございます。


こちらは10分丈がライトグレー、チャコール、黒、7分丈がライトグレーと黒のご用意となっております。


詳しくは店頭でお尋ねくださいませ。



季節の変わり目も心地よく過ごしていただけるアイテム、ぜひごらんください。


+laboratory

群馬県伊勢崎市東上之宮町322-1

0120-003-575

OPEN: 水木金土 13時 - 19時

【Copyright(c)2020"+ laboratory"All Right Reserved.】